会員登録 0

「物件ご売却」の流れについて

所有している物件を売却するとき、「どの不動産会社に頼めばいいの?」「物件を売る時は自分では何をすればいいの?」などなど、疑問がある方は多いでしょう。

でも、物件を売る流れは非常にシンプルです。物件を売却するにあたり、どのような手順で進めれば良いのか確認しましょう

不動産会社を決める!

物件売却の第一歩は、売却の依頼をする不動産会社を決めることです。依頼をする不動産会社が決まると販売活動が始まります。対象不動産の査定や調査を行い、販売図面を作成し不動産業者物件情報サイトに登録をして業者間で物件情報を掲載します。又、スーモやアットホームなどの購入のお客様向けのネット広告やチラシ配布などでも販売活動を行います。

 物件の売却価格を決めよう

不動産会社と媒介契約を結ぶ際に売却価格を決めることになりますが、その際、依頼者である売主が価格設定をする権利があります。査定額がいくらであろうと、売主は自由に価格を設定できますが、その時の注意点が2つあります。

  値下げ交渉分をはじめから加味しておく

例えば、3,000万円の売却を目指すとしましょう。この場合、最初から3,000万円で売り出しては、最終的な物件の売却価格はそれ以下となります。なぜかというと、買い手は購入申し込みをする際、少なからず値下げを交渉してくる事が多いからです。「壁紙が汚いけど、張り替えなくていいから、2,970万円にして欲しい」「3,000万円じゃ買わないけど、2,950万円だったら買います」などなど、交渉は必ず入ると思った方がいいです。大幅な値下げ交渉に応じる必要があるかないかは、状況次第ですが、数十万円の交渉には応じる余地があるように、初めから価格を設定しておくといいでしょう。

  不動産会社の言いなりになってはダメだけど全く意見を聞かないのも

不動産の売却価格を設定する際に目安となるのが、不動産会社が示す査定金額です。自分が査定金額より、もっと高く売れると思ったら高く設定することはできますが、不動産会社が相場や、成約事例などから算出した金額ですから、あまりにかけ離れた金額では、販売期間が長期になってしまったり、成約になる確率が低くなってしまいますので相場に見合った価格設定をすることが大切です。

 内見に備えてお部屋を綺麗にしておこう

価格設定し、不動産会社とも媒介契約を結ぶと、いよいよ売却活動のスタートです!この時期に始めることは、部屋をきれいにすることです。媒介契約を結んだら、いつでも内見に備えていなくてはなりません。買い手は、立地や金額、間取りなどを総合的に判断して物件を選びますが、部屋に入った時の第一印象は、不動産購入の大きな決め手となりえます。これから物件を買う人の立場に立って、部屋を見直してみましょう。物件の収納や水回り、全て見られると思ってくまなく掃除をしておくのが良いでしょう。お部屋の中の匂いにも、気を付けたいです。タバコを吸っていたり、ペットを飼っていたりすると、自分ではわからない匂いが部屋に付いています。消臭剤を置いたり、内見前に窓を開けて風を通しておくなど、細やかな気配りが売却につながります。

買主との値下げ交渉について

内見後、この物件を買いたい!と思ってくれたら、正式な購入の申し込みが入ります。その際に買主は購入希望額を伝えてきます。この金額は、売出価格より低い金額であることが多いです。大体の方は、購入申し込みの際には、少なからず値下げ交渉をしてくるものです。買主も絶対この購入希望価格でしか買わない!と言い張っている訳ではありません。ここから物件の値下げ金額の交渉がはじまります。もし売主であるあなたが、『そんな金額じゃ売らないよ!』と思えば、購入申込を断ることができますが、その前にこちらからも交渉をしてみるのも一つの手です。『その金額は難しいですが、これくらいだったらどうでしょう?』『こちらも買い換えで物入りなもので…。でも○○万円なら頑張りますよ!』など、好意的に、かつ情に訴えることも値引き交渉には大切です。物件の売買というと難しく考えがちですが、結局人と人です。印象や交渉内容しだいで値引き金額もまったく違うものになります。このように、両者歩み寄って行き、最終的に物件の売却金額が決まることになります。他にも購入希望者が居る場合は、強気に値下げに応じない姿勢をとってもいいかもしれません。しかし、買主からすれば少し値下げしてくれただけでも、お得感を感じるものです。買主の希望額まで値下げできなかったとしても、少しでも値下げしてくれたということで、購入を決める方も少なくありません。

契約成立!必要書類を用意しよう!

売却金額も決まり、いよいよ物件の売買契約の運びとなります。この時に必要となる書類は、普段タンスの奥にしまってあるようなものが多いので、早い段階で用意しておいた方が良いでしょう。

必要書類は次の通りです。

・印鑑証明書(3ヶ月以内に取得したもの)

・実印

・権利証または登記識別情報

・固定資産税納付書

・本人確認書類(免許証、パスポート等)

契約内容や物件によっては、その他に必要なものがある場合があるので、不動産会社に確認をしてご準備下さい。

引き渡しのタイミングはいつ?

不動産売買は、契約した日に物件を受け渡すわけではありません。中には一括決済と言って、契約と引渡しを同時に行う場合もありますが、買主のローンの本審査にかかる期間や、買主や売主の転居するタイミングなどもありますから、一般的には引渡しは、契約した日から1ヶ月前後に設定されることが多いです。この引渡し日の数日前までには、売主は引越しを済ませましょう。数日後には物件は自分のものではなくなるわけですから、何一つ残っていない状態にします。鍵も全て揃えて受け渡し日に買主に渡します。買主から売買代金を受領し、鍵を買主に渡せば、晴れて物件受け渡しの完了となります。

 

リズ・コンフィアンスでのご売却について

媒介契約を締結後、早期売却に向けて積極的に販売活動を行います!

主な販売活動をご紹介させていただきます。

~ 販売活動 ~

①SUUMOやアットホームなどのお客様向けポータルサイトへの掲載
②自社ホームページへの掲載
③弊社ホームページに会員登録されているお客様への紹介
④ポスティングなどのチラシ配布
⑤不動産指定流通機構への登録(これにより他社不動産会社のお客様にも紹介されるので成約率が上がります)
⑥売却をお急ぎのお客様は弊社での買取ご提案もさせていただきます

上記に記載している販売活動の他にも、リズ・コンフィアンスでは独自の販売プランをご用意しております!

お客様のご希望に合った、売却プランをご提案をさせていただきますので安心してお任せください。

弊社ホームページの「不動産の買い替えや売却の方は必見」に、よくある質問や売却体験談などの記載がございますので、そちらもご確認いただければと存じます。また、簡易的な無料査定機能もございますので是非ご利用くださいませ。

不動産のご売却をお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。

 

 

Copyright (C) rezconfiace All rights reserved.